永久磁石

永久磁石は、磁性の歴史の中で最も重要な発明です。 永久磁石は、印加された磁場で磁化されたときに磁束を提供できる材料です。

磁性とは何ですか?

磁性材料の研究である磁性は19世紀に栄え、新しい磁性材料が絶えず発見されてきました。 重要な機能材料として、永久磁石はさまざまな分野で広く使用されています。 現代の電力産業、産業自動化、情報産業およびその他の産業は、永久磁石の存在なしには存在しなかったでしょう。 したがって、磁性材料がなければ、現代の電力産業、産業自動化、情報産業は存在しなかったと言えます。 永久磁石材料は、モーターや発電機などのさまざまな用途で広く使用されています。 軟磁性材料は、通信システムなどの多くの最新デバイスにとっても重要です。 ハードディスクやフロッピーディスクなどのデータストレージ技術の開発には、磁気記録材料が必要です。 それらはコンピューター技術の不可欠な部分です。 磁気冷凍材料は、冷凍装置で広く使用されています。 彼らは、食物の腐敗時間を減らし、より多くの人々がより快適な環境で生活できるようにすることで、人間の生活水準を大幅に改善しました。 スピントロニクス材料は、量子コンピューティングやその他のハイテク分野での潜在的な用途があります。 それらは将来の電子機器に大きな可能性を秘めています。

永久磁石とは何ですか?

永久磁石、その材料は内部構造から磁場を生成します。それらのほとんどは 希土類. そのすべての原子、場合によってはそれらの原子核と電子からの磁場が整列し、強力な磁場が生成されます。 強磁性体と呼ばれる一部の材料は、磁場の外でもこの配列を保持します。 これらの材料では、整列は原子内の電子の軌道とスピンによるものです。 磁石が冷蔵庫のドアにくっつくのはこのためです。

永久磁石材料の分類

アルニコ磁石

サマリウムコバルト磁石

ネオジム磁石

永久磁石にはさまざまな形があります

アークマグネット

バーマグネット

ブロックマグネット

皿磁石

シリンダーマグネット

ディスクマグネット

ホースシューマグネット

リングマグネット

スフィアマグネット